面接は身だしなみがとても大切です

就職希望者にとって、「面接」は自分自身をアピールできる貴重なチャンスです。

面接合格のカギは、企業研究と自己分析

面接は身だしなみがとても大切です 就職希望者にとって、「面接」は自分自身をアピールできる貴重なチャンスです。採用する企業側では、応募者の能力や資質とともに人間性も重視しています。服装や言葉使い、時間厳守などの基本的なマナーが問われることは言うまでもありません。

面接の受験が決まったら、まずは応募する会社の事前調査を念入りに行います。理念や事業内容はもちろん、競合他社、強み、将来性等をよく調べて理解を深めておきます。次に、自己分析です。自分の長所・短所をきちんと把握し、それにまつわるエピソードも用意します。自身の強みやスキルが、希望する会社や仕事でどのように生かせるかという接点を整理し、志望動機を明確にしておきます。履歴書や職務経歴書の準備も大変重要です。十分な時間をかけて作成した書類からは、意欲と熱意が伝わるはずです。

転職者の場合、よく質問されるのが「転職理由」です。「キャリアやスキルをアップするため」などの前向きな姿勢を伝えることが大切です。たとえ退職の原因に関連するとしても、所属していた会社を批判するのは避けましょう。面接は、両者の適性がマッチするかどうかを見極める場です。自分らしさを忘れずに、自信をもって臨んでください。


Copyright(c) 2019 面接は身だしなみがとても大切です All Rights Reserved.